FC2ブログ
新・アリア&チュチュのおしゃべり放送局
その日の様々な出来事等を自由気まま、感じたままにご報告しま~す
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チワワが教えるマンションで楽しく犬を飼う方法
近頃ペット飼育可のマンションが増えてきたこともあり、マンションで僕たち犬を飼う方が増えてきました。

ペット可マンションにやっと引越し、犬たちと楽しい毎日が送れる喜んでいるあなた、実はマンションで僕ら犬と暮らすにはちょっとしたポイントがあるんです。

またこれから犬たち一緒に暮らしたいと考えているけど、犬を飼ったことが無いという方は、まずは犬との付き合い方を下記のサイトで学んでみてください。

それでは、マンションで楽しい「犬ライフ」を送るためのちょっとしたコツを、マンションライフを身をもって体験している下記ページの僕、体重5.1kgのデカチワワ、プーチが教えちゃいますね。

下記ページをご参照くださいね。

http://wonderfulpetlife.com/


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリアのホームページはこちらから

スポンサーサイト


症状でわかる犬の病気
症状で分かる犬の病気は、「犬の症状でどんな病気の可能性があるのか」をすぐに調べられます。

その他に、犬の健康に役立つ知識と、私が経験した愛犬との別れに関する知識もあります。

愛犬のため、そして愛犬を愛する飼い主のために少しでもお役に立てたらと思います。

非常に良記事がありましたのでご紹介致します。


http://www.yaiueo.com/aiken/


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリアのホームページはこちらから




家族以外にかみつく犬にどう対処したらよいか
友達の飼っている犬で、家族にはかみませんが、家族以外の人(犬を含む)には、何もしていないのに、みさかいなく飛びかかっていく犬がよくいますね。

そのような犬に対して、どのように対処すればよいか、良記事がありましたので、ご紹介します。

http://www.kao.co.jp/pet/dog/soudan/category03/002.html


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリアのホームページはこちらから


犬との楽しい生活
犬は人間の最大の友人である、とよく言われていますが、その友人達との生活の中で、人間はどのような振舞いをしているのでしょうか。

そして彼等の目には、それがどのように映っているのでしょうか。

面白い記事がありましたのでご紹介します。

http://peterrace.jp/relation/learn/rel_le03_00.html


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリアのホームページはこちらから





しあわせな猫の飼い方・育て方
しあわせな猫の飼い方・育て方では、子猫を飼い始めたけどどうしたら良いかわからない方へ飼い方とお手入れの方法、猫のしくみや特徴、習性などを紹介しています。

正しい知識で愛猫と仲良くしあわせな生活を過ごしましょう。


http://neko-cats.com/


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリアのホームページはこちらから




多頭飼いする時に気をつけること
犬との暮らしは楽しいもの。中には、「もっと犬が欲しいなぁ」と多頭飼いを考えている人も多いことでしょう。

しかし、多頭飼いをする際には、気をつけたいこともいろいろあります。先住犬のこと、新しく迎えるコのこと。そのポイントについて、お話しましょう。

興味深い記事がありますのでご紹介します。

http://allabout.co.jp/gm/gc/31849/


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア




ペットと宿泊できる温泉宿
ペットと宿泊できる温泉宿も増えてきましたね。

ペットも家族の一員です。旅行もペットと一緒に行きたいですね。

しかし、昔は旅館にペットと一緒に泊まれるところも少なかったのですが、今の時代のペットブームもあり、ペットと一緒に泊まれるところも増えてきました。

旅行もペットと一緒ならさらに楽しいものになりますよね。

そこで、ペットと一緒に泊まれる旅館サイトがありますので、ぜひ参考にしてください。



ペットと宿泊できる温泉宿サイト

http://plaza.harmonix.ne.jp/~ma0011/onsenyado/Pet.htm


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪平野区のペットサロン~アリア


ペットを飼う時の心構え
ペットを飼う前に必要なのは、飼い主さんの心構えです!

ぜひ下記の項目をチェックして、可愛いわんちゃんをみつけてくださいね。

家族や恋人が動物アレルギーであるか、犬嫌いかどうかを確認しましょう。

犬が飼える住環境でしょうか(スペースがある・ペット可マンションであるなど)

完全室内飼育するか、外にも出すのか

お別れするまでの期間の十数年、ずっとお世話をできますか。

犬の食事や病気の治療費・予防など様々な費用がかかります。

共に過ごしていくルールを粘り強く教えましょう

急な転勤や引っ越しが決まっても、一緒に連れていけるようにしてあげてください。

家を空ける事が少ないですか。

急な外出時でも安心できる預け先を見つけておきましょう。

ご近所さんなど他の人に迷惑をかけないように飼いましょう。

犬の衛生管理をきちんとできますか。


毎年、たくさんの犬が処分されています。 飼えなくなって、手放す飼い主さんも多いようです。 悲しい数字です
が、約11万匹が処分されていると言われています。(平成15年度) ごはんの世話をきちんと行わず犬を衰弱させたり、虐待したり、途中で放棄してしまうと、 動愛法27条違反で、故意に死亡、傷つけた場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金。遺棄は30万円以下の罰金になります。

大切な生き物です。
末永い生活を一緒にしてあげてください。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪平野区のペットサロン~アリア


ペットサロンアリア~ソーシャルコミュニティ参加メンバー大募集中~
この度、大阪市平野区にあります当店では、世界最大のSNSサイト「Facebooke」、国内最大級のSNSサイト「mixi」、世界最大級のつぶやきサイト「Twitter」にて等ショップのコミュニティページがOPEN致しました。

当店スタッフは無論、当店をご愛顧頂いているすべてのお客様や興味のあるお客様の交流・情報の場として、大勢の方々に活用頂ければと思っております。

また、それを記念として、各コミュニティーメンバーに参加して頂けた方全員に、他店ではなかなかお目にかかれない当店お薦めの世界最高級のグッズをプレゼント致します。

但し、当店をご利用頂いているお客様で、お一人様一回限り、当店での確認後のお渡しになりますのでご了承くださいい。

※プレゼント内容
1:「Facebook」のみ参加
  世界各国で話題の99・99%除菌可能な除菌消臭剤「アンチバクテリア デオドラント」(125ml)

2:「Facebook」と「mixi」「Twitter」のいずれかに参加
  世界各国で話題の99・99%除菌可能な除菌消臭剤「アンチバクテリア デオドラント」(125ml) 
  世界中の有名な名誉ある賞を総なめの世界最高級フード「オリジン 6フィッシュ」(400g)

3:「Facebook」[mixi」「Twitter」全サイト参加
  世界各国で話題の99・99%除菌可能な除菌消臭剤「アンチバクテリア デオドラント」(125ml) 
  世界中の有名な名誉ある賞を総なめの世界最高級フード「オリジン 6フィッシュ」(400g)
  消費税5%OFFチケット(一回分)

※参加方法
1:それぞれのサイトに会員登録後、「ペットサロン&サロン アリア」内の「いいね!」または、「フォロー」ボタンをクリックする。
2:当店の利用。
(各サイトへは、当店ホームページ内のリンクをご利用下さい)

なお当店のホームページは、
http://www.aria-tyutyu.com/
になります。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア

皆様のご登録をお待ちしております。



犬にまつわる面白い話
くすっと笑ってしまった話。

【その1】
友人のおじいさんの話。

「犬を山に捨てに行って帰宅したら、犬のほうが先に家に戻っていた」
きっと二度と捨てに行こうなどと考えないでしょうね(笑)


【その2】
友人のおかあさんの話。

「犬の散歩中、うんこバッグにうんこを拾って歩いていたら、後ろからやって来たスクーターの男にうんこバッグをひったくられた」
ひったくり犯、ざまあみろって感じ(笑)


-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア


急に襲った悲劇
自分勝手で頑固な
一人暮らしのおばあちゃんが急に
ペットショップで
目がついたらしく…
チワワを飼ってきました。
名前はモモちゃん

モモは、すごく
賢かったです。
人間みたいでした。

おばあちゃんは、何回もの犬を飼ってきたのを見てきました。
しかし、結局一人暮らしのせいでもあるのか
育てることに限界をかんじ違う人に譲ったりしてきました。

あたしは、動物がとても大好きだったせいか…その時のおばあちゃんはとても憎かったです。

だけどこのモモちゃんだけは誰よりも一番に可愛がっていました。
孫のあたしよりも
子供であるお母さんよりも

そして、ももちゃんは
月に一回必ず
少しおばあちゃん家
にはなれた私の家に
来てました。

モモちゃんも
あたしたちの家には
ごく普通な家族で
お母さんも
お父さんも
兄弟もいるので
誰かしらモモちゃんに
かまってあそんでいました。

モモちゃんも
すごく私の家に行きたい!!
って毎回おばちゃんの家に行くたんび目で訴えてきました。

行けないときは
犬なのにいじけていじけて…

でも私の家からおばあちゃん家に帰したときは楽しかったことをおばあちゃんに走って尻尾振って教えてる姿がとてもかわいらしかったです。

ある時…私は学校帰りで彼氏さんと帰ってました。
その日は、私は初めて彼氏という大切な人と手をつないだ日でもありました。

すっごく幸せでした。
そのまんま帰ろうと
お母さんに迎えに来て

ってでんわして
うん!わかった。

って普通な会話でした。

だけどなかなか迎えに来なくて…

電話かけなおそう
と思った時

お母さんから着信が
あって電話に出たら

お母さんが
すぐい泣き叫んで!
どうしたらいい!?

この時急にモモが大変な状態になっていたそうです
とずっとあたしに
さけんでて
私は、なんで叫んでるのか怖くてなんかあったの?って聞くのに
すごい勇気がありました。

そしたらおかあさんが…
「モモが息してない」

どうしよどうしよ

その時はおかあさんの友達の人がお母さんを助けてくれたみたいで
近くの
動物病院まで落ち着いて案内したそうです。


私はその動物病院まで
走り込みました。

だけどもう
遅くて…

その時はなぜか
泣けませんでした。
モモの顔見ても…

モモは、本当幸せそうでした。
眠ってる感じで
呼んだら走ってきそうな…

そのモモを
私たち家族は

おばあちゃん家に
帰しに行きました。

ついたとき
お母さんが
おばあちゃんに
泣きついて

おばあちゃんは
ありがとうありがとう
の繰り返しでした。

そして、動かなくなったモモを抱きしめて!!
なにやってんだぁ~
モモ!モモ!モモ!

って何回も読んでいました。

あたしはこの時
初めて息ができないくらい泣きました。

おばあちゃんにこんな風になったモモを
帰すことになった…
大事に大事にしてた
モモを…

お母さんはごめんね
ごめんね
って何回も…

この時震えが
止まらなかったです

おばあちゃんは
夜から朝までモモを
ずっとそばに置いて

何回も何回も
話しかけていました。

わたしはつらくて
悲しくて
受けいられなくて

この時はじめて
あの憎かったおばあちゃんが
可哀相に見えました。

モモ…あなたわ
しあわせでしたか?

毎日毎日おいしいもの食べて
大好きな場所何回も連れてってもらって
たくさん遠くまで
お出かけで来て

でも…まさかの急にいなくなるのは
ずるいよ…

おばあちゃんより
早く死んでしまったのか

というおばあちゃんの
言葉は今でも耳に残ります。
普段絶対泣かないおばあちゃんがあんあに号泣して…

本当につらい悲劇でした。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア



心あたたまる猫の話
非常に感動した話です。

下記記事より抜粋しました。

http://nakeru.e-wadai.net/animal/876/

5年前に飼っていた茶トラ猫。

姉が家出同然で出ていってしまって家の雰囲気が暗かったので、私は家ではできるだけ明るく振舞っていましたが、本当は、家族に仕事や恋愛の悩みを相談したりしたかったんです。

でも、そういう雰囲気じゃなかったので、夜眠るときや、誰もいないときに、その猫によく相談しながら泣いていました。

相談といっても、猫だから黙って私を見ているだけだったんですけどね。

その猫は、私のお布団の中が好きで、毎日夜になると、ニョロニョロと入ってきては、背中と腰の中間くらいのところにずっしりと寄りかかって眠っていました。

その子が病気でなくなって、裏庭に埋めるときに、手紙を書いて一緒に埋めました。
「いろいろお話を聞いてくれてありがとう。オバケでもいいから時々会いにきてね」
みたいな内容を書きました。

つい2、3日前のこと。
相変わらずの人間関係からのストレスで貧血状態になり、横になっっていました。

うとうとしていると、猫がニョロニョロとお布団の中に入ってくる気配。
今は別の猫を飼っているので、そいつだ思って気にしてなかったら、ちょうど背中と腰の中間の辺りに、寄りかかったのです。
ほんのりあたたかくて、ずしっと重い感じ。。。ん?この重みは…!!
「…心配して来てくれたの?!」ってお布団の中をのぞくと、すーっと重みが消えて、誰もいませんでした。

全然怖くなくて、むしろ死んじゃっても心配かけてる自分が情けなくて、しくしく泣いてしまいました。
泣きながら眠ってしまったら、夢にはご飯を食べてる茶トラ猫がでてきました。

目が覚めてから、お線香をあげて、猫のエサをお供えしました。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア




ペット業界のウソ?!ホント?!  ワクチン偏
『ペット業界のウソ?!ホント?!  ワクチン偏』

あなたは、ワクチンの種類やプラス面とマイナス面をご存知ですか?

昔と違い、最近ではワクチンの種類もかなり増えてきましたが、どれが必要であっているのかを考えて選択しなければ、取り返しのつかない事態を引き起こすことが多々あります。

まずは、ワクチンとは何か?
ワクチンとは、様々な種類の感染症を予防する為に、体内にその菌を取り入れることで免疫力を高め、感染しない様に予防する物。(これは、人間のワクチンも同様です。)

では、その菌を体内に多く取り入れてしまったり、菌の力が強すぎた場合はどうなるのか?
体内の拒絶反応により、異常な発作や痙攣を引き起こし、最悪の場合は死に至ります。

本来、ワクチンとは免疫力が低下している場合のみ必要な物であり、むしろ免疫力がある場合は一切必要ありません。
また、生活環境や年齢等によっても、必要なのか否か違ってきます。

にも拘らず、何故、動物病院は一律に年に1回の接種を勧めてくるのでしょう?
それは、1年に1回の接種サイクルだと忘れにくいと言う事と、儲け率が非常に高い為、病院にとっては必要不可欠な収入財源になっている為です。
ちなみに、欧米では数年毎、もしくは、生後数ヶ月のみの接種となっています。

一度、あなたのワンにゃんの免疫力がどの感染症に対して、どのくらいあるのか調べてみませんか?

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア




子猫たちのレクイエム
非常に興味深い記事があったので転記します。

http://movie.geocities.jp/tom_kasa55/column225.html

去年いつもの公園にいた子猫たちは延べにして23頭もの数に上ったが、今でも公園で暮らしているのはそのうちのごく少数である。多くの子猫たちは散逸し、そのほとんどは大人になることなくこの世を去って行ったと思われる。

 今回は、そうした薄幸の子猫たちについて少し書いてみようと思う。

 左の、ずらりと杭の上に並んだ子猫たちは、僕が「船着き場グループ」と呼んでいた集団に属していた子猫たちだ。昨年暮に撮影したものだが、あれから半年も経っていない現在、残念ながらここに写っている子たちは一頭も残っていない。

 この子たちの詳しい出自はよく判らない。親と思われるメス猫なしに、いきなり現れたので、おそらくは捨て猫かと思われるが、あるいは僕の知らないメス猫が公園で生んだものなのかもしれない。しかし、去年の春から夏にかけて、公園のメス猫たちはいちおう全部チェックし、少なくともこの子たちの母親と思われる猫はいなかった。通常、子猫を産んで一ヶ月以上の間、母猫は授乳しなければならないので、乳房が張ってくる。個体によってはさほど目立たないものもいるが、抱き上げればさわった感触で確実に判る。

 この子たちが母のように慕い、いつもついて歩いていた通称「ママ母」猫は、よく面倒は見ていたものの(時々沼に浮いている魚の死骸を子猫たちのために拾ってきた)抱き上げても乳房の張りが感じられなかったので、少なくとも生みの親ではなかった。

 写真の子猫たち四頭のうち、手前の三頭はおそらく兄弟と思われる。生後一ヶ月くらいの頃から一緒にいたし、成長の度合いもほぼ一緒だ。実はこの子たちにはもう一頭兄弟がいたのだが、比較的早い時期に行方不明になってしまった。兄弟の中でも一番ひ弱で、おそらく育つことができなかったのだろう。

 一番奥の、やや黒みがかった子は手前の三頭とは別の親から生まれたと思われる。最初は全然別のところにいたし、成長もいくらか早かったので、おそらく他の子猫たちより少しばかり早く生まれたものと思われる。船着き場には、この子たち以外にも何頭かの子猫が確認できたのだが、いずれも昨年中には姿を消して、今年の初めまで残っていたのはこの四頭だけだった。

 このうちで、最初に姿を消したのは手前から二頭目のメスのキジ猫だった。四頭の中でもいちばん人なつこく、ほんの小さな子猫の頃から僕を見ると駆け寄ってくるほどだったので、あるいは誰かに保護されたのかもしれない。この子は名前をつける前にいなくなってしまったので、結局名無しのままだ。

 それから程なくして、僕は子猫たちに仮の名前をつけることにした。

 まず、いちばん手前のちょっとシャムの血が入ったオスの白猫は「レオ」。いうまでもなく手塚治虫先生の名作「ジャングル大帝」の主人公から取った名である。女の子たちの中の唯一のオスであるせいか、ちょっと自己主張の強い性格で、相手構わず取っ組み合いを挑む乱暴者であったが、僕に対しては一番の甘えん坊で、僕の姿を見つけると、いつも一番乗りで駆け出してきた。

 手前から三番目の子は「タビ」。体色のマッカレル・タビー&ホワイトを略したのと、四本の足先が足袋を履いたみたいに白いので、この名にした。レオとは対照的にあまり依存心の強くない性格で、人間に対していつも距離を取っていた。いちばん興味があったのは狩りで、風に舞う木の葉を相手にしょっちゅう獲物にとびかかる練習をしていた。そんなタビちゃんも、レオがいなくなると一転して甘えん坊になってしまったのは皮肉な話である。ひょっとして猫にも守るべき順番があるのだろうか。

 そして奥の黒っぽいキジ猫は「ポン太」。女の子なのに変な名前だが、名付けた当時はおなかが琉金みたいに太っていて「ポンポン太い」を略して名付けた。色合いやオス猫っぽい風貌から野性味あふれる性格のように見えるが、実際には控えめでおとなしい、いかにも女の子らしい猫だった。杭に登ることを最初に覚えたのはポン太で、杭の上だと僕の顔により近づけるかららしい。どうやら猫は人間のことを、人型をした一種の乗物の上に人間の顔をした変わり者の猫が乗っている、というふうに認識しているようだ。

 ちなみに最初に姿を消したキジ猫は、四頭のうちでいちばん小さかったので便宜的に「おちび」と呼んでいた。一緒にいた期間が短かったので、あまり強い印象はないが、とにかく人間に甘えるのが好きな子で、他の子たちが人影に怯えてクモの子を散らすように逃げても、ひとりだけポカンとした顔で座っていることが多かった。

 まだ子猫のうちに厳しい冬を迎え、みんな無事に春を迎えられるか心配だったが、全員が流行性鼻気管炎にかかって鼻水を垂らしたり涙目になったりはしたものの、どうにか元気で春を迎えることができた。しかし、本当の悲劇は春に待っていたのだ。

 子猫たちに異常が起こる前日、僕はある事情があってほぼ一日中子猫たちと一緒にいた。その日は暖かくうららかな日で、子猫たちは互いにじゃれあったり駆け回ったりして、元気に一日を過ごした。もちろん食欲にも変化はなく、カリカリにレトルトのキャットフードを混ぜた特製のランチを奪いあうようにして食べた。その姿からは、とても翌日の変化を伺い知ることはできなかった。

 最初に異常が現れたのは、レオだった。午前中からあまり元気がなかったが、午後に入って明らかに様子がおかしくなった。あれほど旺盛だった食欲がなくなり、他の子猫たちから離れてひとり箱座りしている。抱き上げようとすると逃げるような素振りを見せ、それでも抱いてみると、ときおり小刻みに震えている。熱でもあるのかと口の中に指を入れてみたが、特に高熱という感じでもなかった。

 翌日も様子に大きな変化はなく、口元を見ると嘔吐した形跡があった。唾液がうっすら緑色味を帯びていたことから、あるいは胆汁を吐いているのかとも思ったが(パルボウイルス感染症という恐い病気では、吐瀉物に緑色の胆汁が混ざる)鼻を近づけると草の匂いがしたので、おそらく吐くために食べた植物の汁が混ざっていたのだろう。昨日と比べてまったく回復した様子がないので、獣医に診せることも考慮に入れながら、野暮用を片づけるためにちょっと公園を離れ、一時間後に戻ってきたときには、レオはどこかに姿を消したあとだった。

 その日、暗くなるまで辺り一帯を捜してみたものの、レオの姿は見つからず、それから四日間懸命に捜索したものの、ついに二度とレオの姿を見ることはなかった。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア





犬の幸せを本気で考えること「捨て犬の十戒」
「犬を飼う」という行為は、今でこそ「ペットやパートナーを迎える」といった感覚ですが、動物愛護が叫ばれる以前の「モノ」として取り扱われた時代には、捨て犬も多く、多くの命が絶たれてきました。

その時代から、子犬の流通システムは変わっていません。
子犬にとって百害あって一利なしの悪しき流通システムが、未だにはびこっているのが実情です。

現在もほとんどのペットショップがそういった流通システムから子犬を仕入れ、何も知らず、そのペットショップから子犬を迎える方が多いということが、結果的には、日本の悪しき犬の流通システムを支えることになっています。

ヨーロッパでは、ペットショップに犬はいません。

犬を飼いたければ、犬の出産を待ってから迎え入れます。
よく考えたうえで、迎え入れを決めるのですから、衝動買いもなければ、人の都合によって捨てられる犬もいません。
ほんとうに家族として、終生を全うする犬達がほとんどです。

それに引き替え、日本という国は・・

今まで一緒に生活していた犬なのに、平気で飼育放棄する心ない人がいるのも実情です。
民族的な問題なのかと疑ってしまいます。

最初は可愛いと思って飼い始めるのでしょうが、どうして、ひとりで生きていけない生き物を途中で捨てることができるのでしょうか。

今以上に、可愛そうな犬を増やしたくないのは、誰でも同じだと思います。

自分自身を含め誰しもが、犬を迎える時、生まれるまで待つくらいの気持ちを持てば、人の犠牲になる犬達も少なくなると思います。

あなたはどのようにお考えでしょうか?

さて、「捨て犬の十戒」という詩をご存じでしょうか?

信じていた飼い主に裏切られ捨てられたのに、まだ飼い主を信じようとする健気な犬達。
犬の気持ちは、いつだって不変です。
その気持ちを受けて、人も同じ気持ちで、犬を終生家族の一員として、最期まで見届けてあげましょう。


下に「捨て犬の十戒」を載せましたのでぜひ読んでください。

捨て犬の十戒 ~捨て犬の心の叫び~

ボクを迎えてくれた時のことは、決して忘れません。

やさしい家族の中で、ボクはとても幸せでした。
ご主人様とのたくさんの思い出、それはボクにとって、とても楽しくて、心に深く残ることばかり・・・。
だから、決して忘れることはできません。

でも、もしかしてボクは、ご主人様の理想通りに振る舞えなかったのかもしれません。
そんなボクは、邪魔に思われたのでしょうか?
でも、ご主人様に喜んでもらいたくて、精一杯頑張ったことだけは本当です。

ボクをここへ連れて来たまま、ご主人様の姿が見えなくなったって、イイ子で待っていれば、きっと迎えに来てくれるって信じています。

側にいられなくなった本当の訳は、よくわからないけれど・・・

ボクのことを嫌になったからじゃないよね?
そう信じて、ボクはご主人様のことを待っていたいです。

ボクを産んでくれた母さんに、ありがとうって言いたい。
こうして楽しい思い出を宝物にできたのも、命を与えてくれたからです。
生きているから味わえたんだから。
母さん、ほんとうにありがとう!

今ボクは、同じようなたくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。
でも、みんな悲しそうです。
ボクもなぜか寂しくて、物足りない気持ちでいっぱいです。

たくさんの仲間たちは、どこかへ連れて行かれたまま、二度と顔を見ることもありません。
その時の悲しそうな目は、今でも忘れられないです。

仲間たちの中には、たまに、新しいご主人に連れて行かれる仲間もいます。
もし、このままボクのご主人様が迎えに来てくれなかったら・・・

ボクも新しいご主人に連れて行かれるのかな?
今度も、やさしいご主人だったらいいな。

―― それとも、
ボクも、誰も知らないどこかへ連れて行かれるのかな・・
他の仲間たちから、二度と顔を見ることもないって思われるどこかへ・・・

ボクには、ご主人様を選ぶことはできません。

だから、イイ子で待っていたら、ご主人様はボクのことを思い出して、きっと迎えに来てくれると思うから・・。
そうなったら、今度こそ、ご主人様の理想通りに振る舞えるよう頑張ります。

ご主人様、早くボクを迎えに来て!
そして、今度こそ、ずっとそばに置いてください!!

それだけがボクの願いです。

ご主人様、これだけは覚えておいてくださいね。

ボクだって生きてるってことを。
気持ちだってちゃんとあるってことを。

天に召される最期の時まで、ご主人様の側で尽くしたいと思っていることを!

では、飼育放棄の理由にはどんなものがあるのでしょうか?
そして、飼い主様に飼育放棄された犬達は一体どうなるのでしょうか?

そのあたりを日本の飼い主さんによく考えてもらいたいところです。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア





保健所に持ち込まれた成犬ついて
今日ふとした瞬間に思いついたのは保健所に持ち込まれた成犬、老犬について。子犬と違って捨てられた瞬間が命が奪われることがほぼ決定していまう成犬。

可愛くないと引き取り手がいないということでしょうがどうも納得がいきません。

でも私自身も先が短い犬よりも、ずっと一緒にいれる可能性が長い子犬の方を選ぶでしょうから偉そうなことは言えない(--u)そんな犬を助けるためにどうしたらいいか考えた結果、

①成犬(老犬)が捨てられたという情報が入る

②会社が引き取りに行く

③電話や直接教育機関、会社に出向いて交渉する、同時進行で噛みグセなどがないかチェック

④受け渡し

⑤その後、出張教室やボランティアを一緒にやる

こういうことができたらいいなと思います。一番は教育機関が子供の教育にもいい影響を及ぼすと思うのでいいと思うんですが、危険性などに一番敏感な機関だと思うので難しいのかなと…。

あと、会社にこのようなペットコーナーを設ければ社員のリラックスタイムとなりイベントなどでも活躍するのではないでしょうか…。一番重要なのは犬嫌いならまだしも、アレルギーの問題ですよね。だから難しいだろうなあと思います。

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア





眼の見えなくなった飼い犬のハナちゃんの話
非常に興味深い記事がありましたので転記します。

飼い犬のハナちゃんが目が見えなくなりました。でも飼い主にはなかなか現実が理解できない現状がある。

目の見えなくなったハナちゃんは普通に生きている、しかし目は見えない。

そんなハナちゃんに対して愛情を注いだ家族の話です。

参照URL
http://kikikaka.exblog.jp/16016861/

ここ最近、ハナちゃんの目やにが気になり、病院に・・・

なんとなく眼もちょっと白いし、白内障になりかけてるのかな~ぐらいな感じで出かけたのですが・・・

先生・・・「う~ん、眼見えてないね、白内障じゃなく、突発性の・・・・・・・・・・」

もう頭の中がまっ白になり、先生の言葉が耳に入ってこない・・・

突然眼が見えなくなるという事と、遺伝性とダックスに多い病気である事、そしてもう治らないという事・・・

でも、呼んだら来るし、こっちを見てるし・・・家の中普通に歩いてる・・・半信半疑の私・・・

真っ暗な部屋の中、ライトの光を眼に当てられても何も反応しないハナちゃんの眼を見て愕然とし、認めざるを得ない。

先生「でもね、人間なら、嘆き悲しむけれど、この子達はそんな事は思わず、飼い主が呼べば喜び、ご飯を食べ、寝たいときに寝て、日々それなりに暮らしていけるから、悲しんであげなくても大丈夫だから」

先生の言葉に涙が溢れて止まらない・・・

帰りの車の中「ハナちゃん!」と呼べば、尻尾を振ってこっちを見る?花ちゃん・・・また涙が出て止まらない。

家に帰り、夫と息子に説明するが、やはり半信半疑で認めない・・・

「普通に歩いてるやん!」と言う息子。

家に来て8年、2年前にダックス特有のヘルニアになったけれど、早期だったので大事に至らずに済んだ。

比較的、元気でいてくれ、私達家族の癒しだったハナちゃん。

ハナ自信、悲しみがないかもしいれないけれど、今まで見えていたものが見えない・・・きっと不安だとは思う。

そういえばここ1週間ぐらい、私の歩く後をずっとついて離れなかった・・・甘ったれやな~と言っていたけれど

あの頃からだったのだろうか・・・きっと不安だったのだろう。

眼を閉じてみる・・・真っ暗・・・ハナちゃんこのままなんだ・・・と思うとまた涙が・・・

私達がハナちゃんにしてあげられる事・・・夫がなるべく側に居てあげようと・・・それぐらいしか思いつかない・・・

私達より確実に年老いていくハナちゃん、これからきっといろんな病気になるかもしれない。

一緒に暮らしていくという事は、いろんな事を受け止めて行かなくてはいけないんだと、ここに来て気付かされた。

でもハナは、私達にとって癒しには変わりない・・・ハナにとっても私達が癒しでいられる様にいたい・・・

-----------
大阪市平野区の喜連瓜破で、ペットの美容室とイヌのしつけ教室の『アリア』を経営しています。当ショッ
プのホームページへは、下記URLリンクをクリックしてください。お待ちしております。

大阪市平野区のペットサロン~アリア





こんにちは、謎の男Xマンです。
はじめまして、当店謎の男Xマンです。

いつも主任の『おんぷ』にいじめられております。

ついに当店Facebookページも私が作り、皆様に楽しいコミュニケーションができればと思っております。

次は主任の『おんぷ』に追いつけ追い越せで、Facebookページを充実させたいと思っております。

皆様、ぜひFacebookページの「いいね」を押していただき、楽しいペット生活を楽しみましょう。

当店、また、ネット上でもお客様と楽しいふれあいの場を作ります。

今後とも当店を何卒よろしくお願い致します。


当店Facebookページのリンクはこちら!

アリアのFacebookページのリンク





Copyright © 新・アリア&チュチュのおしゃべり放送局. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。